ラフティングも楽しめる!アウトドアで自然を満喫しよう!|Rafting In Tokushima

自然を存分に感じよう

ラフティングは川を下る自然のアクティビティの1つですが、色々と気を付けなければいけないこともたくさんあります。では、どういったポイントに気をつければいいのか、みんなのQ&Aから紹介したいと思います。

ラフティングの気になるQ&A

ラフティングは雨でも開催してますか?

雨天に限らず、川の水量で決めているところが多いです。安全にラフティングを行うために、基準の水量を定めてそれを超えた場合は中止となるようです。

なぜウエットスーツを着なければいけないのですか?

体温の低下を防ぎ、肌を傷つけないためにウエットスーツの着用をお願いしているところが多いです。

参加できない時もありますか?

持病を持っている方や体調が悪い方、酒気帯びの方はどこのツアー会社でもお断りしているようです。

新しいレジャーとして注目

ラフティング

日本においてもたくさんのニュースポーツが誕生していますが、近年最も注目を集めているのがラフティングではないでしょうか。徳島の三好市で行う激流下りですが、地元のチームが世界選手権で優勝を果たしたことで、俄然人気が高まりました。ラフティングの最大の魅力は、何と言ってもスリルだと言われています。吉野川は暴れ川と評されるほど流れが急ですし、そこをオールだけで下るのは迫力満点です。皆が力を合わせないと転覆してしまいますし、チームワークや体力が試されるスポーツでもあります。インストラクターが常駐しているので、まずは体験会に参加をすると良いのではないでしょうか。安全性の高いスポーツですし、一度体験すると病みつきになります。女性のインストラクターが大半ですし、分かり易くレクチャーしてくれるので安心して訪れて下さい。

高まる一体感

ラフティングの上達方法として大切なのは、全員の心を一つにすることです。一人でも力を抜く人がいれば、ボートが転覆する可能性があります。無論、ヘルメットと救命具を身に付けているので安全ですが、それだけ注意を払う必要があります。ボートに乗る前にはインストラクターからの説明がありますが、それを聞き逃さずにルールを守ることが鍵になります。企業の新人研修でラフティングを行うところも増えていますし、婚活イベントが開催されるケースもあります。徳島は自然豊かな場所ですし、グルメや観光スポットもたくさんあります。ラフティングで川下りをすることで、いつもとは違った吉野川を見ることが出来るのではないでしょうか。地元には幾つかのチームがありますし、体験をしてみることで続けてみようと感じるはずです。それだけ楽しいスポーツです。

広告募集中